FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20-24 5days イベントのお申込みについて(7/6時点)

多くの方から、お申込みを頂戴しまして、誠にありがとうございます。
★現在、7/6(金)午前7;00現在で、いただいているお申込みやお問い合わせメールに、
すべて返信しました。
もし、届いていない方がいらっしゃいましたら、至急下記にメールでご連絡をお願いします。
dogdancecollabo@yahoo.co.jp

現在の残枠案内です。

② リハーサル・タイム→満席、キャンセル待ちを受付中です 
③ 競技会・発表会 →満席、キャンセル待ちを受付中です。キャンセル待ちは数枠のみお受けします、 
⑤ FSセミナー→残り、犬づれ1枠です、

①オビディエンス・セミナー
④ ウェルカム・ディナー 
⑥ HTMセミナー 
⑦ プライベート・レッスン
⑧ 上級者・インストラクター向けセミナー
以上の5項目は、まだ空きがございます。
お申込み、お待ちしています♪
スポンサーサイト

10/20-24 5days イベントのお申込みについて(7/2時点)

10/20-24開催 5days イベント(各種セミナー、発表会・競技会、ウェルカム・ディナー)に多くの方からお申込みいただき、誠にありがとうございます。

★7/2(月)までにお申込みいただいたすべての方は,
受付をさせていただきます。

★競技会・発表会は満席となりました.7/3(火)以降のお申込みはキャンセル待ちとなります。
リハーサルタイムとFSセミナー(犬連れ)は、残席わずかとなっております。

お申込み内容の不明箇所の確認や調整で時間がかかっております。
恐れ入りますが、★皆様★返信は今しばらくお待ちください。
申し訳ございません。

10/20-24 5days イベントのお申込みについて(7/1時点)

10/20-24開催 5days イベント(各種セミナー、発表会・競技会、ウェルカム・ディナー)に多くの方からお申込みいただき、
誠にありがとうございます。
★受付開始時点20:00で、相当数の方からお申込みを頂戴しているので、
恐れ入りますが、★皆様全員★返信は明日以降なりますので、勝手ながらご了承ください。

第13回DDC発表会・競技会・ドッグダンスセミナーと第3回JKCオビディエンスセミナーについて

大変お待たせいたしました! 
DDC、秋のメガ・イベント、オビディエンスとドッグダンスの5days の詳細発表です!!


【各イベントの概要】
 Ⅰ、10/20(土) 第3回ジャパンケネルクラブ(JKC)
オビディエンス部門・初心者向けセミナー(講師:佐藤委子先生)


Ⅱ、10/20(土) 翌日の競技会用・リハーサル・タイム
  ※競技会部門の参加者を募集開始24時間以内は優先受付。それ以降は全部門とも申込み可。
  競技会部門以外のリハーサル参加希望者も、募集開始受付7/1(日)20:00からお申し込みください。
  競技会部門の優先受付時間を過ぎましたら、自動的に順次先着順でお受けするため。

   (競技会部門のみ演技直前馴致は、FCIルール以降に伴い、今回からありません。他の2部門は従来どおり馴致有り)

Ⅲ、審査員・セミナー講師/Karen Sykes氏 (イギリス)による10/21~10/24までのドッグダンス・4days イベント!!↓
★オヤツあり部門の方も、2016年FCIドッグダンス競技会・メインジャッジKarenさんから、講評が受けられます!セミナーでは直接指導していただきます!
Karenさんプロフィール↓
http://dogdancecollabo671.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
①10/21(日) 第13回DDC発表会・競技会 (会場山中湖WOOF)、終了後、ウェルカム・パーティ
②10/22(月)・Freestyle(FS) セミナー(会場/山中湖WOOF)
③10/23(火)・Heelwork to Music(HTM) セミナー &プライベートレッスン(FS・HTM両方可)(会場/山中湖WOOF)
④10/24(水)・インストラクター・上級者向け セミナー (会場/東京・浅草・エリール)
【会場】①~③/山中湖WOOF 屋内ドッグラン ④東京・浅草エリール

【募集開始と締切/募集方法について】
★10/20オビディエンスセミナーと10/21~24DDC発表会・競技会およびドッグダンス・セミナーの受付は、両イベントとも、7月1日(日)・午後20時より開始し、9月20日(木)に募集を締め切りします。
DDCの申込み方法はインターネットへの直接入力方式ではありませんので、
事前に申込み事項を一読され、申込み内容をメールの下書きで保存→当日、開始時間にメールを送信されると便利です。

★誠に勝手ながら、7/27(金)~8/5(日)セミナー見学、ならびに10/8(月)~16日(火)競技会参加のため、主催者が海外渡航します。メール・問い合わせなど対応いたしかねますので、よろしくお願いします。

【定員/その他】(予定)
Ⅰ、オビディエンスセミナーは、犬連れ・16名/見学・定員無し
Ⅱ、リハーサルは、10組前後
Ⅲ①、競技会・発表会は全部門合計・50組から60組。 部門別の定員はありません。
Ⅲ③、プライベート・レッスンは、犬連れ・6組、見学・定員無し。
Ⅲ②③④の各ドッグダンス・セミナーは、犬連れ12名(予定)、見学(定員無し)
 ※②③については、初心者も犬づれで参加できます。④については犬づれは、上級者・インストラクター向けとなります
 ※④は会場/浅草エリールが狭いため他犬に神経質になったり、クレートで待てない犬の参加はご遠慮ください。
 ※④の見学者は、同様に会場エリールが狭小のため、犬持ち込みはできません。犬連れの方も参加犬のみ、お連れください。

【★重要!!次回イベントからの審査規定ならびに運営ルール変更についてのお知らせ】
(変更点1)●FCIルール策定に伴いDDCも競技規定を変更
 2016年のFCI(国際畜犬同盟/本部・ベルギー)のドッグダンス競技規定に伴い、
DDCもモチベーション(おやつ・オモチャ)無しの競技会部門は、FCIルールに今回から採用します。
他の部門も、入賞基準はFCIルールに準拠します。
大きな変更点/今までの審査観点①正確性、②技術、③構成に加え、④Animal Welfare(動物福祉)という審査観点が加わり、犬の身体的・精神的な健康に対してのハンドラーの配慮が採点されるようになりました。
改訂により、競技会部門のみ演技前馴致は無くなり、事前のグループ馴致でもオヤツ・オモチャのリンク持ち込み不可となりました。
プレジャー部門とジョイフル部門は、従来どおり、オヤツ・オモチャとも使用できます。本番前・リンク内の個別馴致やグループ馴致も従来通りあります。
詳細は競技規定をご覧ください↓
http://dogdancecollabo671.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

(変更点2)
●ルーティーンやセミナーの実技に対する、参加者による撮影ルールについて
今後しばらくトライアルで、競技会・発表会、セミナー全イベントで、競技者同士の撮影は下記ルールに沿って行います。

他者から動画・撮影の禁止を希望される方は、イベント申込み時のメールでお申し出ください。
禁止希望の方は、その旨、開催前に該当者はDDC側で当日アナウンスします。
ただし撮影禁止にされた方は、他の方の撮影は出来ませんのでご注意ください(個人的に許諾を得た方は除く)。
上記以外の方は、会場内の参加者・同伴者・見学者からの撮影を全部OKとします。
撮影した動画や写真は、演技者・実演者の許諾なくSNSに掲載、または他者に転送などは、全面禁止となりますので、ご注意ください。あくまで、撮影したものは、ご自分だけの参考撮影や動画となることをご理解ください。

(変更点3)
●同伴者の氏名記入
上記の撮影ルールの変更に伴い、お申込み時には今回から、同伴者のお名前を記載していただくこととします。
同伴来場が有無がまだ未定の場合は、お名前のところに(未確定)と記入ください。 例:山田花子(来場未確定)
お申込みをされた場合、同伴者も、上記撮影ルールを許諾したとみなします。
当日、参加者のご友人などが、急に競技会・発表会やセミナーの見学希望の場合は、受付にご相談ください。

(変更点4)
競技会・発表会においての、高速バス利用による遅刻・早退について
高速バスの始発を使用しても、開始時刻に間に合わない遅刻を、事前申告で認めてましたが、今回からこのルールを廃止します。
FCIルールを起用しているJKC(ジャパンケネルクラブ)の競技会においても、受付時間(競技会開始まで)に遅刻した場合、競技に参加できないルールになっています。DDCでは、その部門の最後に演技はできますが、原則、入賞からはずれるという規定にします。
また、表彰式に交通機関や個人的な事情で早退される方は、必ずCDの受取や入賞関連の品物など、知人の方に代理授与を依頼してください。イベント当日、代理受理などを依頼された方のお名前を受付で申告をお願いします。
本人、または代理人の申告がない場合、入賞商品やCDは当方で破棄させていただきます。
CDを受取なく帰宅された場合、後日郵送などいたしません。

(変更点5)
●開催大会により、レギュラーサイズ(9×19M)のリングを設営しない
今回、全3部門(競技会部門、プレジャー部門、ジョイフル部門)のリンクサイズは、17.5M×22Mの1種類のみとなります。
開催の大会により、レギュラー・ワイドの両方を設営することもあります。

【お申込み方法】
お申込みは、下記【申込み記入事項】をもれなくご記入のうえメールでお願いします。

【申込み時の注意】
※お申込み時の記載事項に、不備がありますと、受付ができないことがありますので、ご注意ください。
1、申込みのメールの記載必要事項を書かず、「エントリー1席と犬連れセミナーをお願いします。詳細は後送します」というようなメールでは受付いたしません。返信するまでの間にご希望の内容のエントリーが満席になった場合、責を負いかねますので予めご了承ください。
2、エントリー部門の変更はできません。モチベーション有・無で複数部門がありますので、よくご検討ください。

【会場/山中湖WOOFと浅草・エリールについて】 
◎10/20(土)~10/23(火)の会場は山中湖・WOOF屋内ドッグラン(全面貸切)が会場です。
http://www.dogresortwoof.jp/access山梨県南都留郡山中湖村山中280
電話番号:[0555-72-8000]

・利用に関しては、WOOFの利用規則を必ずご確認ください。
狂犬病の予防接種票・鑑札証の提示が義務づけられています。詳細はWOOFにお尋ねください。

・日帰り利用の方→WOOF日帰り利用料金が、施設利用料が¥840、昼食代金 ¥1,000になります。
犬の日帰り料金は、1頭¥500円です。
日帰り料金の割引適用は、参加者リストをWOOFに提出するので、個別にWOOFに電話連絡は必要ありません。
・宿泊利用の方→一定人数以上になった場合、人の宿泊料金が15%~となり、犬の宿泊料金が1頭¥500円(税抜)となります。
・宿泊のご予約は、WOOFに直接、インターネットや電話でご連絡下さい。電話/0555-72-8000
宿泊の受付は半年前から、すでに受付開始されています。お早目にご予約ください。
割引対象期間→セミナー・競技会開催日の前泊と後泊(連続日も含む)も対象となります。 
2階のお部屋より3階のお部屋は割高な料金となり、かつ団体割引は適用となりませんので、ご予約時にはご注意をお願いします。

★10/24のみ、東京・浅草エリールが会場です。お間違いないようにお願いします。
住所:東京都台東区浅草4-5-3 
電話:03-3876-6848
アクセス・地図↓
https://erile.co.jp/access/

【参加費やWOOF入場料金等のお支払い先】
・WOOFの日帰り施設利用料・宿泊料・昼食→WOOFへ直接お支払ください。ウェルカム・パーティはDDCへの支払いです。
・エントリー費→DDCへお振込みでご入金ください(返信メールでお振り込みの案内をいたします)。

【10/20~10/23のWOOF昼食について ※10/24・浅草エリールは隣にコンビニがあります】
WOOFが飲食持込み不可のため、★昼食・お弁当(お茶つき)を注文していただきます(食物アレルギーの方を除く)。
アレルギー等がある方は、お申込み時にその旨、お申し出をお願いします。その場合、昼食なしで承ります。
DDCのエントリー申込み時に、同伴者を含めての必要な昼食人数を申告してください。
昼食代金はWOOF側に現金にてお支払です。昼食(お弁当)のキャンセルは不可となります。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

【各イベントの詳細】

Ⅰ、《初心者向け・JKCオビディエンスセミナー》

●日時:10月20日(土) 9:00~16:30(場合により時間延長あり)
※入場開始・受付開始は8:30を予定。
●会場:山中湖WOOF 屋内ドッグラン
●講師
・佐藤委子先生/岡山県井原市 tomoドッグスクール代表
JKC訓練教士、家庭犬審査員、オビディエンス小委員会委員長、オビディエンス審査員
●対象参加者:JKCオビディエンス部門に興味がある方、競技会に参加されている方、オビディエンス・トレーニングをドッグダンスの基礎に取り入れたいと思っている方
●競技項目の詳細についての座学(説明)はいたしません。実技セミナーのみとなります。
オビディエンス部門の競技内容については、下記JKCのHP掲載の実施要項をご覧ください。↓
セミナーのレッスン対象・実技のⅠ・Ⅱについては、P.5ページ以降になります。
https://www.jkc.or.jp/modules/events/img/obedience/manual05_ob-201600808.pdf
●持参物/ロングリードを必要と思われるかたは、持参ください。
●内容/  ※オビ・セミナー中、犬連れの方は他人の実技を自由に見学できます(見学料は別途発生しません)。
◎全員参加の課目:「紐無し脚側行進」(パネルを使って練習)
◎選択の課目 1)または2)のいずれかを選択
  1)グループレッスン(3種から2種を選択)
     ①(ダンベル)持来の導入 
     ②(木片の)臭気選別の導入 ※木片代が別途必要です。
     ③コーン回りを含む往復歩行の導入(約10M離れたコーンを回る)
   2)上記選択科目を選ばず、競技科目に関する個人ショート・レッスン(1組:20分以上の予定)
     ※個人レッスン内容は、オビディエンスの競技課目に準じた内容に限定。(犬の集中の取り方などの内容は不可)
       オビディエンス・ビギナーⅠおよびⅡの実戦レッスンも可能です。規定↓     
       https://www.jkc.or.jp/modules/events/img/obedience/manual05_ob-201600808.pdf
  
●注意:参加犬以外は、屋内ドッグランのアリーナには原則入れません。
同伴犬の待機は、クレートの中になり屋内ドッグラン・中2階観客席付近に置いていただくようお願いします。
ハンドラーと離れてクレート内で待機できない犬は、主催者にご相談ください(例:待機犬が体調不良など)。
★JKCオビディエンス・セミナーは初心者向けのため、オビディエンスⅢの内容の実技はしません。

Ⅱ、《競技会・発表会用のリハーサル・タイム》 
CruftsやOECでは、競技会前日にトレーニング・デイ(馴致日)を設けます。
DDCも、今回この方式を採用します。
10/20(土) 午後12:00-13;00 午後17:00-18;00(予定) 
    ※当日のオビディエンスセミナーの昼休憩時間と終了後を使用します。
1組/10分。 翌日の発表会・競技会と同じリンク環境で、おやつ・オモチャ、自由に使って馴致・トレーニングができます。1ハンドラー&1頭(複数頭使用不可)
※募集開始 7/1(日)20:00-7/2(月)20:00までは、競技会部門エントリーの方を優先受付。プレジャー部門とジョイフル部門の参加者も受け付けます。昼か夕方の時間選択は出来ません。
※※オビディエンス・セミナーを受講しないリハーサル・タイム参加者の入場できる時間ですが
正午/夕方のそれぞれのリハーサル・タイム開始時間30分前から屋内ドッグラン・中2階に、また15分前から1階アリーナに入場できます。それまでは入場をご遠慮ください。
夕方の部の開始時間は、当日のオビ・セミナーの参加者数によるので、HPでの直前当日詳細&スケジュール案内をご覧ください。

Ⅲ①《10/21(日)・第13回・ドッグダンス・コラボレーションの競技会・発表会》
終了後、Karenさん・ウェルカム・ディナー・パーティを山中湖WOOFのレストランで行います。

●日時:10月21日(日) 9時45分~18時(開始・終了とも、時間が変更になる場合もあります)
※入場開始・受付開始は9時を予定。
●会場:山中湖WOOF 屋内ドッグラン
●競技会部門の中から、オビディエンス賞を、JKC佐藤委子先生から1名選出していただく予定です。

●審査員
・Karen Sykes氏(英国) ※競技会・発表会の審査・採点はKarenさん一名だけになります。
2016年、FCIドッグダンス競技会のメインジャッジ(開催地・ロシア)を務める。
世界最大の犬イベントCruftsやOpen European Dogdance Competition(略:OEC)で入賞多数。
審査員の育成にも携わっていらっしゃいます。
Karenさんの演技の動画(HTM)↓
https://youtu.be/I4boM54wEZM
詳細のプロフィールはこちら↓
http://dogdancecollabo671.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

・清國 千景 ※競技会部門のシャドウジャッジ。競技会・発表会の審査には加わらず、メインジャッジの補佐のみ行います。
http://dogdancecollabo.wix.com/dogdancecollabo
ドッグダンス・コラボレーション代表 ドッグ・トレーナー
2014年  ドッグダンスジャパン競技会 中上級クラス(FS) 第2位 審査員特別賞受賞
2016年  ドッグダンスジャパン競技会 中上級クラス(HTM) 第2位 演出得点最高点獲得
2017年  ドッグダンスジャパン競技会 中上級クラス(HTM) 第1位
2018年  Open European Dogdance Championship(開催国:スイス) 日本代表メンバー(HTM)
JKC 服従訓練競技会 会長賞受賞 JKCグランド・トレーニング・チャンピオン(オリオン)

【入賞と表彰】
★競技会部門、FSとHTMの2部門の上位3名・計6名を、またプレジャー部門は3名~5名を表彰します。
★競技会部門、FSとHTMの2部門で、一番総合得点が高い方・1名に、「最優秀賞」として表彰します。
★プレジャー部門の入賞者の中から1名を「絆賞」として表彰します。
★ジョイフル部門の最優秀者1名に、「フレッシャー賞」として表彰します。
★全部門共通で、観客を大いに沸かせたペア・1名に、「エンターティナー賞」として表彰します。
★JKC佐藤委子先生に競技会部門のペアから、「オビディエンス賞」1名を選出いただき、表彰します

●曲の長さや競技規定について
競技会部門/ジョイフル部門/プレジャー部門とも4分を超えてはならない。
3つの部門(ジョイフル部門・プレジャー部門・競技会部門)に分け、発表会・競技会を行います。
競技規定 http://dogdancecollabo671.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

●【リンクサイズ.について】
※今回はリンクサイズは、「ワイドサイズ→17.5M×22Mのみの設営となります。上記より狭いレギュラーサイズの設定はございません。
◎プレジャー部門、ジョイフル部門とも、リンクサイズも同一のサイズとなります。
サブリンクは設営します。

●競技クラスの主な特徴(相違点と概要)
 ★競技3部門の主な相違点
今大会より、全3部門とも、入賞基準はFCI規定に準拠します。モチベーション携行の有り無し、両部門とも有り。
1演技時間、2おやつ・オモチャの携行、3順位・入賞発表やアドバイス有無、4犬の洋服
◎ジョイフル部門
~4分以内/携行可能/順位なし、入賞発表・アドバイスなし/着用可能
◎プレジャー部門
~4分以内/携行可能/順位なし、入賞発表・アドバイスあり/着用可能
◎競技会部門
4分以内/携行不可(馴致・演技とも)/点数化による順位・入賞あり/着用不可

※競技会部門はリードなし。
その他の部門は、リードあり・なし、両方とも可能。

(競技3部門の概要) 

◎ジョイフル部門 (採点無し部門)

・演技開始直前に馴致時間を設ける
・曲に合わせて一緒に歩くなど、犬に危険がない限り、内容は自由。
・審査員等によるアドバイスと順位づけはなし。入賞発表あり。
・使用リンク面積の規定はない。
・犬の体高・区分なく1クラスで開催
・犬の衣装・おやつ・おもちゃ所持は可能。
・ステッキなどの小物使用は可能。ただしリンク内に壁などの大道具の設営は不可。
・入賞基準はFCI規定に準拠する

◎プレジャー部門(採点無し部門)

・演技開始直前に馴致時間を設ける
・審査員が、3~5名を選出・入賞発表。
・使用リンク面積の規定はない
・犬の体高・区分なく1クラスで開催
・犬の衣装・おやつ・おもちゃ所持、リンク内設営可能
・競技者に審査員の講評を配布
・入賞基準はFCI規定に準拠する

◎競技会部門

・審査基準はFCI規定に準拠する
・演技開始前の馴致時間は、FCI規定採用につき今大会からありません。
※前日にリハーサル・タイムを設定します。
リハーサル時はオモチャ・オヤツの使用可。リンク設営は翌日競技会と同一環境。

・FSクラス、HTMクラス、それぞれ上位3名/計6名を表彰
・演技中も、おやつ・おもちゃ所持・不可
・競技者に審査員のジャッジングシートを配布 
・シートは点数を表記。

★同じ、ハンドラーと犬、曲・振付で、ジョイフル部門、プレジャー部門、競技会部門と重複してのエントリーは不可★
※同じハンドラーと犬でも、違う曲でクラスが違えば、複数のエントリーは可能です。(例・FSとHTMで1曲づつなど)

★競技終了後に、生演奏でドッグダンスを楽しんでいただきます。 
ボーカル・バイオリン・ピアノ等の生演奏をバックに、ドッグダンスをしていただきます。
3曲を演奏予定です(変更する場合もあります)。自由に踊っていただきます。参加は無料です。
参加犬でなく同伴犬もOKです。リードつき可能です。

演奏者(予定)
ボーカル担当/田畑千恵さん 
ピアノ担当/大室菜穂子さん
バイオリン担当/鴨志田美智子さん

②10/22(月)・Freestyle(FS) セミナー(初心者可)/内容は参加者のレベルにより変更することもあります)
9:30~16:30(場合により時間延長あり) 入場開始・受付開始は8:50を予定。
1ハンドラーで2頭まで受講可能(プラス料金あり)

・遠隔操作
・ハンドラーを目視しないトリック
・2つのムーブを複合したトリック
・トレーニング用具を使用したトリック訓練方法
 

③-A)10/23(火)・Heelwork to Music(HTM) セミナー
      (初心者可/内容は参加者のレベルにより変更することもあります)
10/23(火)③-B)プライベートレッスン(FS・HTM両方とも受講可)


※③-A)セミナーは1ハンドラーで2頭までセミナー受講が可能(プラス料金あり)。原則グループ・レッスンです。
  ③-B)プライベート・レッスンは1頭のみで参加してください。
      レッスン・犬連れ参加の方は、ご自分以外の方以外も無料でご覧いただけます。
      レッスン・見学だけの方は、別途料金が発生します。
      レッスン・参加ペアが2組以下の場合、見学は無料にします。参加費は当日返金します。

・9:30~15:30HTMセミナー (途中休憩あり。場合により時間延長あり) 入場開始・受付開始は8:50を予定。
・15;45~ プライベートレッスン(約2時間を予定)

・HTMセミナー→正確なポジションの教え方(プラットフォームなど)、ポジション間の上手な繋ぎ方、HTMに求められる集中力
・プライベートレッスン→テーマは自由。例:集中力を養う、競技会のルーティーンに対するブラッシュ・アップ。1組/20分以上

④10/24(水)・インストラクター・上級者向け セミナー (内容↓は予定)
  11:00~17:40 ※入場開始 10:40を予定。エリールの規定で早く入室できません。

・DVD鑑賞し、FCIルールによる模擬審査から得る、ルーティーン構成力アップ(鑑賞と座学)
・競技会直前の犬の集中の取り方(実技)
・リンク馴致方法、犬の性格別トレーニング方法(実技)
・子犬や成犬のためのドッグダンス基本トレーニング(実技)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪   
      
【参加費(エントリー代)について】 

★10/20 JKCオビディエンス部門初心者セミナー(会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)
1ハンドラー&1頭(犬連れ)→16500円 
  ※選択レッスンの木片による臭気選別を受講の方は木片代・500円をいただきます(使用後、お持ち帰り可)。
見学(犬無し・1名)→5500円 
※ご同伴者・ご家族様でも、屋内ドッグランに入場される場合は、見学料が必要です。

★10/20 リハーサル・タイム(競技会・発表会参加者用)(会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)
1組/10分/3000円(オヤツ・オモチャ、持ち込み可能。1ハンドラー&1頭。複数頭使用は不可)。
募集開始24時間は、競技会部門参加者を優先受付。※競技会部門以外(プレジャー部門・ジョイフル部門)の参加者も募集開始と同時に申込みが可能。優先受付時間終了後、先着順で自動的に受付します
見学はオビディエンスセミナーの参加者は無料です。当日のセミナー参加者のみ見学可能です。

★10/21 ①DDC発表会・競技会 (会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)

◎競技会部門
1エントリーあたり/シングル/¥11500円
         /チームなど複数人・複数犬での演技 お一人あたり¥10000×参加人数分 
         /ブレースなど1人で複数頭での演技 ¥11500

◎プレジャー部門(今回は、ワイドサイズ・17.5M×22Mのみで、レギュラーサイズはありません)
1エントリーあたり/シングル/¥11000円
           /チームなど複数人・複数犬での演技 お一人あたり¥9500×参加人数分
           /ブレースなど1人で複数頭での演技 ¥11000円          

◎ジョイフル部門(今回は、ワイドサイズ・17.5M×22Mのリンクサイズになります)
1エントリーあたり/¥9000円
         /チームなど複数人・複数犬での演技 お一人あたり¥8000×参加人数分
         /ブレースなど1人で複数頭での演技 ¥9000

・10/21競技会参加者の同伴者の10/21の入場料→無料(申込み時に氏名記載が必要)
参加者の同伴者でない場合、入場料金500円が必要になります。氏名など記入する申込みあり。料金は当日徴収。
メールでお申込みいただかないと、WOOF団体割引が適用されません。

★10/21 ウェルカム・ディナー・パーティー 1名様 5500円(ビュッフェ+フリードリンク+わんちゃんお食事)
 ※Karenさんへの質問タイムを設けます。

★10/22 FSセミナー(会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)
犬連れ(1ハンドラー&1頭) グループレッスン 19500円
見学者 1名様 8000円
※1ハンドラーで2頭で受講→プラス2000円

★10/23 HTMセミナー(会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)
犬連れ(1ハンドラー&1頭) グループレッスン  16500円
見学者 1名様 7000円
※1ハンドラーで2頭で受講→プラス2000円

★10/23 プライベート・レッスン(内容はFS、HTMとも可能)(会場・山中湖WOOF屋内ドッグラン)
同日開催のHTMセミナー受講者(セミナー犬連れ・見学とも)/1ハンドラー&1頭(20分以上) →8000円
同日開催のHTMセミナー受講しない方 /1ハンドラー&1頭(20分以上) →12000円
  プライベート・レッスンの見学のみの方(HTMセミナーの受講者、受講しない方とも) 1500円
  ※犬づれ参加者が2組以内の場合、見学者の参加費(1500円)は当日返金し、見学無料とします。
  ※プライベート・レッスンの参加者(犬づれ)は、他の方のレッスンは無料でご覧いただけます。

★上級者・インストラクター向けセミナー(東京・浅草/エリール)
内容は、座学とグループレッスン(実技)
犬連れ(1ハンドラー&1頭) 22000円
見学者 1名様 10000円

10/20-24の5daysの全イベントに参加された方(犬連れ・見学枠、両方ともOK。除くウェルカム・ディナー・パーティ)は
特別割引→合計金額から5%割引きします!


【重要】お申込みにあたっての注意点とお願い

1、お申込み後の競技会・発表会の部門変更はできません
  (例・競技会部門→プレジャー部門など。空欄・保留の申告はできません)。  
  ★★申込み記入事項は、記入漏れのないよう、全部、ご記入をお願いします。

2、競技会・発表会の1エントリーあたりの頭数変更もできません(例・シングル→チームなど)。
  ※ハンドラーの交代は不可ですが、犬が病気・ヒートになった場合の参加犬の変更は可能です。

3、曲名、曲の長さは、お申込み時に申告は不要です。競技会当日、受付に用紙記入のうえ、提出いただきます。
  曲は、CDでご用意ください。CD・再生機は、当団体で用意します。
  当日、記入ラベルをお渡ししますので、その場で記入していただき、使用CDとともに、ご提出いただきます。
  プログラムには、ハンドラー名・参加犬の名前などが記載されます。
  曲名は、演技前にアナウンスします。

   ★提出CDには、必ず「ハンドラー名・犬名・曲名・曲の長さ」を表記し、ケースなどに入れて提出してください。
   CDの破損原因になりますので、ケースなしの状態では受付しかねます。
   編集していない曲を使用する方は、「〇分〇秒で停止」などを、CDケースに明記した付箋を添付してください。

4 審査票のお名前・犬名など、ご自身で記入していただきます。
病気等で犬が交代する場合、交代した犬の名前を書いてください。

5、本番前の馴致方法は、リンク脇のサブリンクを、譲り合って使用していただきます。
演技の順番が来てもいらっしゃらない場合や、すぐ演技ができない状態の場合、該当部門の最後に演技をしていただきます。
演技直前の本リンク内での馴致は、競技会部門はFCIルールに準拠するため、今回からありません。
ジョイフル部門とプレジャー部門は従来どおりあります。

7、★【重要】最終ご案内はDDCのホームページに掲載します★
下記でもお知らせいたします↓
https://www.facebook.com/dogdancecollaboration
  ・10月7日(日)頃までに、エントリー順番や、当日のスケジュール(受付の詳細時間)、ご注意などは本HPに掲載します。必ず、ご一読・ご確認ください。参加者あて個別にールはいたしません。

8、受付時間に遅刻しないように、お越しください。
  
受付時間に遅刻された場合、出場部門の最後に演技できますが、原則、入賞・表彰からは除外されます。
  ※高速バスなど、公共交通機関のみを使用しての遅刻は、今回から認めません。


9、着替え用スペースは、本館・女子トイレ(本館ショップ前のトイレは、個室ごと着替えマットの設置あり)等をご利用ください。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

●お申込み方法

下記、【申込み記入事項】を、コピー&ペーストし、メールにてお申込みをお願いします。
7日以内に、ご入金などについての案内メールを折り返し送信します。
(1)~(18)まで、該当項目は、全てもれなくご記入ください。
記入もれがありますと、内容によりましては、受付をすることができません。
返信がない場合、お手数ですが、清國の携帯(080-5015-0711)あてにご連絡をお願いいたします。
記載されています、振込期限内にお振込みをお願いします。

★★同一ハンドラーのものは、メールは1通にまとめてお願いします。
申込み事項を、エクセルなどの添付ファイルにせず、直接メール本文で書き込みしてください。

★★【ご注意・契約事項】を必ず、ご一読・ご了承のうえ、お申込みをお願いします。
お申込みをされた場合は、ご了解いただいたものと理解させていただきます。★★

★競技会・発表会のみ見学希望の方もお申込みのメール送信をお願いします。
特典利用するには、DDCへのお申込みが必要です。
宿泊人数や宿泊犬の変更は、直接WOOFへご連絡をお願いします。

メール送信先:dogdancecollabo@yahoo.co.jp
問い合わせ電話/080-5015-0711

【申込み記入事項】 ※(1)~(18)まで、該当する項目は、すべて記入ください。チームでも、お一人づつお申込みください。
。複数頭エントリーで別メールで送信しないでください。

(1)参加者名
(2)参加者名のフリガナ

(3)参加イベント ◎下記・イベント名を必ずご記入ください!!  
① オビセミナー 犬連れ/見学
② リハーサル・タイム エントリー/見学 ※見学はオビセミナー参加者のみ可(無料です)。
③ 競技会・発表会 エントリー/見学(見学は競技会参加の同伴者は無料、それ以外は500円)
④ ウェルカム・ディナー 参加人数
⑤ FSセミナー 犬連れ/見学
⑥ HTMセミナー 犬連れ/見学
⑦ プライベート・レッスン 犬連れ/見学 (参加ペアが2ペア以下の場合、見学者には料金を全額返金)
⑧ 上級者・インストラクター向けセミナー 犬連れ/見学

(4)自宅電話
(5)携帯電話
(6)DDCからメール受信可能なメールアドレス 
(7)郵便番号
(8)住所(都道府県名から)
(9)Ⅰ、オビディエンス・セミナーの選択について ※不参加の方は記入不要です
下記(A)か(B)のいずれかを、選択してください。(A)(B)両方は選択不可
    (A)下記「3種から2種の選択」のグループレッスン 記入例:(A)の②と③、(B)など
         ①(ダンベル)持来の導入
         ②(木片の)臭気選別の導入 ※木片代が別途必要です。
         ③コーン回りを含む往復歩行の導入(約10M離れたコーンを回る) の3種から2種
     (B)「競技科目に関する個人レッスン」
        →★内容課目を申告してください。※記載例:オビⅡの臭気選別、オビディエンス・ビギナーⅠorⅡの本番練習

(10)DDC発表会・競技会のエントリー部門 ※不参加の方は「無し」と記入してください。
   ジョイフル部門、プレジャー部門、競技会部門HTM、競技会部門FSのいずれかを、記載ください。     

(11)イベントに参加する犬の名  ◎参加イベントの名前の記入ください。
① オビセミナー 
② リハーサル・タイム 
③ 競技会・発表会 例:プレジャー部門→ポチ(ペア/ダンスくんと踊る)、競技会部門HTM→コロ
④ ウェルカム・ディナー (1頭にしていただくと助かります)
⑤ FSセミナー 
⑥ HTMセミナー 
⑦ プライベート・レッスン
⑧ 上級者・インストラクター向けセミナー 

(12)犬種  例:ポチ→MIX、コロ→トイプードル
(13)来場する同伴人数 と同伴者の氏名(全員の名前を記入ください。未定の場合「未定」と記入してください)
    ※日によって来場者数が違う場合、申告ください。記載が無い場合、参加者の人数分をWOOF提出リストに掲載します。
      ご家族などで同伴者が増加される場合、来場当日WOOFの受付に申し出をすれば、割引適用されます。
      DDCへの増員の申告は不要です。
    例:10/20→同伴者1名(同伴者:山田花子)、10/21→同伴者2名(鈴木太郎、山田花子)
(14)来場する犬の全頭数 ※日によって来場犬の数が違う場合、申告ください。
    例:10/20→1頭、10/21→2頭
(15) 宿泊のなし・あり
   →ありの場合、宿泊する日付/人数・犬の頭数をご記入ください。   
   申込み時点で、「宿泊未定」の場合、WOOFへの提出名簿には、「日帰り利用」と記載させていただきます。
(16)来場者全員の昼食(お弁当・お茶つき)の個数
※日によって相違する場合、日にち別にお願いします。
    例;10/20→1個、10/21→3個
(17)他者からの撮影・動画について
禁止を希望の方は、お申し出をお願いします。希望されますと、ご本人が個別に許可を得た方以外は撮影はできません。
(18)その他
 ご質問など、ございましたら、ご記入ください。    

【ご注意・契約事項】

★当日、競技会・発表会で使用する曲は、CDでご用意下さい。必ず複数の音源で再生できるかどうかの確認をお願いします。
CDは破損防止のため、氏名&犬名をご記入のうえ、必ずサックなどに入れた状態で提出をお願いします。
★会場WOOFの入場規定により、5種混合予防接種・狂犬病注射を受けている犬に限ります。詳細はWOOFにお尋ねください。
★ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬のご参加は、会場WOOFの規定の関係上、ご参加ができません。ヒートになってしまい、他の犬に代替えができない場合に限り、参加費を返金いたします。
★申込み完了後、病気・ヒート、怪我などで参加が出来なくなった場合、ご家族内の他の犬に変更しての参加は可能です。
★イベント開催中は、審査員・スタッフの指示に必ず従って下さい。従って頂けない場合にはご退室をお願いする場合もございます。(参加費用は返金致しません)。
★ペアの場合、代表者の方は、その旨、申込書にご記入ください。それ以外のチームの方も、各自、お申込み書の提出をお願いします。
★ペアの場合、発表会エントリーフィーは1グループあたりでなく、お一人づつ発生します。
★犬の排泄物は各自責任を持って処理をお願い致します。
★発表会の写真・動画の撮影は、ご自分のルーティーン以外、撮影不可です。他の方を撮影する場合、必ず相手の許可を取ってください。
★イベント開催中の写真、動画につきまして、ホームページ、雑誌、DDCのFACEBOOK、広告などに掲載させて頂くことをご了解ください。
★イベント中に、各メディア(雑誌・TVなど)の取材・撮影がある場合、記事掲載・放映されることをご了承ください。
★ご同伴いただいた犬(競技参加犬も含む)が、ほかの方の発表中に吠えが著しい場合は、屋外ドッグランなどへ退去して場合がございます。会場内でも待機中は、犬は原則クレート管理となります。
★災害等開催環境の悪化による延期・事前告知の中止などの場合、その旨、ご了承をお願いします。参加費はご返金いたします。
★申込み後の自己都合によるキャンセルは、できません。
イベントが開催になったときの参加費返金はできません。
WOOFの人・犬の日帰り・施設料金は、欠席時に発生しません。
WOOFの宿泊は、キャンセル・チャージ規定があります。WOOFのホームページをご確認ください。
★WOOFが手配する昼食(お弁当)のため、原則開催日1週間前を過ぎるとキャンセルできません。

★会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと、解決してください。主催者は責任を負いません。
★撮影は、演技者(実演者)がイベントの受付時に、「撮影不可」と申告した場合、許諾者のみが撮影可能となります。
 申し出した方は、DDC側でアナウンスし、撮影を禁止します。
撮影の可・不可の申し出にかかわらず、全てのSNSの無断転載やメール転送を禁じます。
自分の参考写真または動画のみでのご利用をお願いします。今回は、業者によるビデオ制作・販売予定はありません。
★受付時間に遅刻した場合、出場部門の最後に演技は可能ですが、原則、入賞・表彰から除外されます。
★当日の欠席連絡は、メール/kiyokuni711@softbank.ne.jp あてにお願いします。
★イベント終了前に帰宅される方の講評シートや審査票、CD、入賞商品は後送いたしません。
知人の方に代理受理を依頼をお願います。
★競技会・発表会は、催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合、事前にお知らせします。
★イベントの進行・規律・平穏を乱す行為をした競技者は、その内容によっては退場いただくことがあります。
★審査員席への立ち入りは、スタッフ以外、固くお断りします(イベント開始~撤収まで)。
★審査中の審査員への話しかけは、固くお断りいたします。
★会場内でのお困りのことは、審査員以外のスタッフにご相談ください。

◎問い合わせ電話 080-5015-0711(清國)
問い合わせメールアドレス dogdancecollabo@yahoo.co.jp

Karen Sykes 氏のプロフィール

2018年10月21日から開催されるDDCイベント(競技会・発表会、セミナー)のイギリスからの招聘講師のプロフィールです。

【カレン・サイクス氏(英国)】
カレン・サイクスさんは、2001年よりHeelwork to MusicとFreestyleを始め、世界中で競技会に参加し、また指導しています。競技の犬を4頭を飼っていて、2002年から2017年まで毎年Crufts Dog Showに出演しています。Karen1.jpg


カレンさんは国内外のスポーツに関心を持つすべての人々のためのクラブ、Canine Freestyle GB(www.caninefreestylegb.com)の創立メンバーです。彼女はまた、英国で最も成功したダンスの犬のデモンストレーションチームであるトップロッジダンスドッグスの創立メンバーでもあります。

競技会の賞歴
2008 Crufts国内ヒールワークミュージック部門で優勝。
2011ヨーロッパのヨーロッパチャンピオンのヒールワーク部門(個人とチームのタイトル)
2013 Crufts国内ヒールワークミュージック部門で2位
カレンは英国のヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門に3頭の犬で長年出場し、国際競技会でも国の代表としてを3回選出されています。
現在、最年少の犬、Midgeと主に競技会に参加しています。ミッジは、3歳でCrufts 2017に参加し、HTMで4位、FSで4位を獲得しました。ミッジは、昨年、ベルギーで開催された2017年オープン欧州選手権でチームGBの最年少メンバーであり、HTMで12位、FSで16位でした。
4位CRUFTS


国際的なトレーナー
カレンさんは、ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門、共に海外でも成功を収めています。
ロシア、アメリカ、イスラエル、デンマーク、チェコ、オーストラリア、スイスなど多くの国でトレーニングセミナーを審査し、開催しています。彼女はまた、多くの国での審査員の養成にも関わっています。
2008年と2014年に日本を訪問し、今年2018年秋に再来日するこを、とても楽しみにされています。
Fly OEC Trophy


国際競技会の審査員
カレンさんは何度も海外から審査員として招かれました。彼女の主な競技会審査履歴は
2007 Crufts、ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門
2008チェコ共和国
2008年日本
2009 スイス選手権、チューリッヒ、スイス
2009 デンマークで行われたヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門の競技会
デンマークで開催された2010年世界選手権
ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門のメインジャッジ。
2010モスクワ、ロシア
2011スカンジナビアで開催された ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門の競技会
2013年 オランダで開催されたヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門
2014年日本
2014年サンクトペテルブルク、ロシア、国際ドッグショー
2016年モスクワで開催された世界選手権。ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門のメインジャッジ。

カレンさんからのメッセージ
"私は今回、日本で審査員・セミナー講師として招かれて指導することを光栄に思っています。ヒールワークミュージック部門とフリースタイル部門に私はパッション(情熱)をもっています。
すべての参加犬、そしてドッグダンスを楽しんでいるハンドラーに会うことを楽しみしています。
プロフィール

犬と踊ろう!

Author:犬と踊ろう!
代表/清國千景(キヨクニチカゲ)はトイプードルとドッグダンスを楽しんでいます。
ドッグダンスのレッスンを田園調布(屋内)と府中で行っています。
http://dogdancecollabo.wix.com/dogdancecollabo
お問い合わせ先/
dogdancecollabo@yahoo.co.jp
携帯/080-5015-0711

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。